質の高さで勝負

オフィスで握手するビジネスマン

少子高齢化という言葉を聞かない事がないくらいの時代に、私たちは生活しているが、この少子高齢化という言葉の意味を痛感させられるような出来事が、私たちの周りで、今現在起こっている。それは極度の人材不足である。これはサービスや外食産業などのビジネスで顕著に現れている現象だ。この為、企業はあの手この手と知恵を振り絞り、自社に良い人材を集めようと必死になっている。そんな中で今注目を集めているのが、社員の身に付けさせる様々なアイテムの存在だ。しかし、そんなアイテムに人を引き付ける力が存在するのかと思うのも無理はないが、もしこのアイテムによって、人が企業を選ぶとしたら笑い事では済まなくなるはずである。では、そんな企業の取り組みに注目してみる事にしよう。

上記の中でも述べたように、今の時代企業は、良い人材の確保に躍起になっているが、その中で力を入れているものの一つに社員につけさせるアイテム、つまり制服や社員証がある。ある企業では、アニメに登場しそうなものやカッコイイ制服に力を入れて、就職者を集めようとしている。またある企業では、社員証に力を入れて人材確保に力を入れている。だが、社員が身に付ける物に力を入れて、果たして本当に良い人材の確保に繋がるのだろうか、と言う意見もあるだろう。では、例えで説明しよう。もし自分が希望している会社が二社あり、二つ共甲乙つけ難い条件だとしたらどうなるだろう。やはり、その他の条件に目が向くのではないだろうか。このように、最後の会社選びの決め手になるなら、決して軽く見る事は出来ないだろう。では、もし資金的に力を入れる事が難しい場合でも、比較的安価で済む社員証に力を入れるのはどうだろうか。そうすれば、少しの投資で良い人材の確保に役立つのではないだろうか。では、最後の決めてなり兼ねない、人材確保に欠かせない社員証や他のアイテムに力を入れてみるのはどうだろうか。